コンテナ・フレキシタンク・バルクライナー他 物流資材の専門商社|ユニエツクス・エンジニアリング

結露事故防止シート/CTシート

結露事故防止シート/CTシートとは

その結露事故防止シートは、「CTシート」(Condensation Terminator Sheet)と言います。 日本郵船の関係会社㈱MTIと㈱三洋が共同開発したコンテナの天井に吊る画期的な巨大な吸水シートです。 これを取り付けることにより天井に発生した結露を受け止め、吸水し、貨物への落下、濡れ事故を防止します。

取り付け方法は、簡単で、独自の吊り具(フックとストラップ)を使用するので、15分程で確実に取り付けることが出来ます。


取付完了状況 フック&ストラップ


結露事故防止シート「CTシート」は、ポリエチレン不織布と高分子吸水ポリマーで出来ており、水蒸気を含む空気は通し、 水滴は通さない性質を活用しています。 結露の吸水量は、20'コンテナ用で約75リットル、40'コンテナ用で150リットル吸水することが出来ます。 通常1回の輸送で出る結露は、10リットル以内ですので、吸水能力は十分にあり、異常事態に備えることが出来ます。



身入り状況 天井とシートの間


呼吸しているコーヒー豆、ゴマ、穀物、果物や濡れを嫌う機械類、紙類、木製品など、 さまざまな貨物のコンテナ輸送にご利用いただけます。特に、温度の寒暖の差が大きい冬場の輸送にお役に立ちます。

仕出し地が海外の場合、弊社が輸送の手配もいたします。 20フィート用は、5枚/ケース、40フィート用は、3枚/ケースでの販売となっています。価格につきましてはお問い合わせにて確認願います。 送料は海外の場合のみ別途発生致します。

また、 国内のトラック輸送についても、両面テープを使用する結露事故防止シート「CTシート」を発売しています。

このページの先頭へ